「ほっ」と。キャンペーン

出張

b0193757_14581972.jpg

静岡出張。
富士山は見えず。
お土産はしらすの炊き込みご飯の素。

オットも出張。
一週間のジャカルタ。
ジャカルタ48しか知識がない。

オットの出張期間、
若い頃であれば、一人飲み歩いていただろうけど、仕事から家に直帰。
人と交わらない為には
ある種、労力を惜しまない。

オットが転勤にでもなったらどうなるのか私は。






[PR]
# by takayampoo | 2017-02-22 14:50 | Comments(0)

オットのグラス

b0193757_12343049.jpg
オットのグラス
カープ坊や。だけどバカラというギャップ。
楽しい無駄遣い。

これがスライリーだとちょっと違う。
カープ坊やで100点。



[PR]
# by takayampoo | 2017-02-21 09:03 | memo | Comments(0)

麗郷

b0193757_11134740.jpg


渋谷で映画。
映画後麗郷で台湾料理。
オットは麗郷初めてだったようで、
目の前は何度も通ったことあるけど、
もう風景としてそこに存在する建物で
中でご飯とか食べれるのが不思議な感じ、といっていた。

わかるわかる。

中華麺と中華丼、それにシュウマイ。







[PR]
# by takayampoo | 2017-02-17 08:12 | memo | Comments(0)

おめでとうのケーキ

b0193757_18042929.jpg

ロブションで頂いたケーキ。

b0193757_18043000.jpg


二人で食べるには大きすぎる。。。と
思ってたけど、2日で完食。

何よりも美味しすぎる。
チョコレートとイチゴのジャム(ジャム?ジャムっていうの?)の
抜群のハーモニー。

b0193757_18043148.jpg


カットなどせずそのまま。
なんつう贅沢。

素晴らしかったのはプレートのチョコレートまでも
パリッパリで美味しかったこと。




[PR]
# by takayampoo | 2017-02-16 08:59 | memo | Comments(0)

ガストロノミー ジュエル・ロブション

オットから「先にお店にはいってて」といわれたけれど、
ハードルが高くて、恵比寿駅でおとなしく待つ。
居酒屋では先に飲んでいる、このわたしが。

非日常。
金色の部屋・・

「乾杯はシャンパンにいたしますか?」
「はい、お願いします。」
で、そそがれるシャンパン。
(これってお会計だとサービス料の中に入っているのかしら。。。)
と去年に引き続き思う。
(→当たり前だけど、含まれておりませんでした)

去年量が少ないほうのコースでもおなかがいっぱいになって
最後の2台目のデザートワインにたどり着けなかった話を
ギャルソンに相談しながらメニューを選ぶ。

キャビアアンぺリアルロブションスタイル
b0193757_12443335.jpg




ああ、美しき点々。
今年は写真を撮る余裕だけの。
(ちゃんとサイレントカメラアプリまで搭載)

来年のための備忘録(HPよりコピペ

前菜
・タラバガニとズワイガニ アボカドでカネロニ仕立てにし、柑橘系のスュックとバニラの香り
・ラングスティーヌ ラヴィオリにし、ちりめんキャベツを添え、トリュフをあしらって


メイン
・スパゲティ とろけだす卵とトリュフのハーモニー


デザート
・紅玉 タタン風にキュイし、マスカルポーネ・シャンティを添え、グラス・バニーユと共に


文字だけ見てもどんなお料理か検討もつかないけれど、
ギャルソンの説明を聞いているだけで美味しそうで
悩みに悩む。

カネロニ仕立て。

b0193757_12324510.jpg


コースはプリフィクスなのに、ラビオリとスパゲティを頼むセンスのなさよ。
しかもトリュフまでかぶっておる。

b0193757_12305742.jpg


もちもちで美味しい。

メニューはおそらく去年と同じだと思うのだけれど、去年迷ってあきらめたスパゲティを
食べたかったのだもの。

b0193757_12292708.jpg


想像の斜めをいくスパゲティが出てきました。
メレンゲとスライスしたトリュフの下にスパゲッチ。

b0193757_12444188.jpg


デザート、りんごのアドバンテージ、フルに出してきた。
私史上一番美味しかったりんごのデザート。

オットは

・鰻とあん肝 ミルフィーユ仕立てにし、リンゴと大根のサラダを添えて
・奈良県産リーフマウンテンエッグ 中は半熟のままカリッと揚げ、キャビアをのせて
・豚肉 3種類の調理法で スパイシーなスムールとアリッサの効いたブイヨンを添えて
・スフレ・ショコラ エキゾチックなソルベと共に

「去年おなかがいっぱいになってしまって、、」という話が行き渡っているのか、
パン、チーズ、デザートその1、その2、それぞれのワゴンで
「こちらの○○でしたら軽めにお召し上がりいただけますよ」とギャルソンが声をかけてくれる。

b0193757_12443787.jpg


今年はケーキなどのデザートワゴン1につづき
焼き菓子やチョコレートなどのワゴン2まで堪能。

b0193757_12444526.jpg


デザートに移る前、お祝いにとケーキをいただく。
こちらはおうちでお召し上がりくださいとお土産にしてくれた。
しかも、パンをセーブしていたのが伝わった用で
ご自宅用に、とこちらもお土産に。

今年もまた、最高のサービスと空間と時間を堪能してきた。
来年もまた同じ日に。

(あれだけ満腹を恐れながら
メニューのチョイスミスでヨメのみ腹十二分め。)




[PR]
# by takayampoo | 2017-02-15 12:37 | memo | Comments(0)

日々のこと


by takayampoo
プロフィールを見る
画像一覧