カテゴリ:旅( 84 )

メキシコ7 最終日

最終日だからといって特別なことは何もしていない

いつものように朝ごはんを食べに行き、
ベランダでぼーっと海を眺めたら
本を持ってビーチへ降りていく。

b0193757_14144211.jpg

プールではオトナたちが泡パーティー。

午後はスーパーマーケットへ。

b0193757_14163148.jpg
買って帰れるものなど限られていることは
わかっているけど、カートを押してみる。

トルティージャとパラペーニョの缶詰を少々。

b0193757_14163701.jpg
ホテルに戻ったらまだ泡パ続いていた。

b0193757_14164456.jpg
海の色が琉球ガラスみたい。

カンクン自体の印象としては
もう最盛期は越えていて、昔の熱海のような、
ちょっと寂れた看板や、もぬけのショップがもの悲しい場所も
チラホラ。

最終日の夕飯は初めてのルームサービス。
確かこれもインクルーシブだった記憶。

日焼けして、本を読み、
よく寝て、よく食べ、よく飲み、の後半を過ごし
旅先に行ったらめいいっぱい動きたい派の友達に
話したら眉をひそめられました。

翌朝、帰りはもう何十年ぶり!!のユナイテッドエアでの
ヒューストン経由。
シートがめちゃ狭い!

ヒューストンでのトランジット(たしか2時間)
で、NASAグッズ買っちゃうもんね!と
楽しみにしていたのに、
イミグレの動きが鈍すぎて
搭乗口へたどり着けたのが、最終登場2分前。

イミグレで、係りのおじさんに
今日中に脱出できてよかったね、といわれ
なぜだ、、と思っていたけど
帰国後アメリカにハリケーンが上陸したことが判明。








[PR]
by takayampoo | 2018-01-20 14:16 | | Comments(0)

メキシコ6

b0193757_14001651.jpg
こういう色の朝焼けは、
アンが間違えてダイアナに飲ませてしまった
いちごワインを思い出す。

b0193757_14001853.jpg
昼間はビーチで読書と昼寝。

b0193757_14002016.jpg

おなかが空いたら、ホテル内のどこかのレストランへ
ご飯を食べに行き、
b0193757_14002284.jpg
ウイスキーが飲みたくなったらプレイルームへ行って
ジェンガとかしてみたり。
本気の卓球もしてみたけど、
運動センスまるでゼロ【私が】

これは脳細胞が死ぬな。。。。のホテルライフ。

街へ出てみようとショッピングモールにてAh Cacaoのチョコレートを購入。
ユカタン半島はカカオの生産地らしく、
お土産にしたチョコレートも大好評。
【お値段もそれなり】




[PR]
by takayampoo | 2018-01-19 08:00 | | Comments(0)

メキシコ5

b0193757_13342052.jpg
そういえば、すっかり、放置。
セノーテとチェチェンイッツアを弾丸にしたことで
この後のカンクンは
なにもイベントはありません。

ホテルのロビーでは連日こんなダンスだったり
ショーだったりをやっていたけれど
ちらりと横目で見るだけ。

何をしていたかといえば、
b0193757_13342598.jpg
本田の出ているパチューカの試合を見たり、
ベランダでフリードリンクのお酒を飲みながら
海を眺めたり。

なぜこんなに、、というほど昼寝もしていた。

b0193757_13342309.jpg
ベッド奥に見えるジャグジーは
一度だけ使ってはみた。
うん、一応使っておこう程度。




[PR]
by takayampoo | 2018-01-18 13:54 | | Comments(0)

メキシコ4-3

チェチェンイツッアのあとは
セノーテイキルへ。

グランセノーテにくらべて、
ずっと観光地化されている。
おみやげ物も売っているし、レストランも
キレイなシャワールームもついている。

こちらのレストランでランチ。
メキシコのビールを飲みながら、
地元料理のビュッフェ。

b0193757_16024681.jpg
ここのセノーテはずばり
これだけ。

(ネットで画像検索するともっとフォトジェニックだけども)


ビールを飲んだあとに水着に着替えてダイブする元気もなく
なるほどね~と見学だけで終了。

ここはレッドブルのクリフダイブでも使われたことがあるようだ。

b0193757_16045419.jpg
そうこうしてるうちにスコール。
ツアーの終わりを待っていたかのように。

このあとは、車でホテルへ。
プール帰りの子供のようにぐっすり寝ているうちにホテル到着。


[PR]
by takayampoo | 2017-12-15 16:08 | | Comments(0)

メキシコ4-2

グランセノーテのあとは、チェチェンイッツァ。
実はこのあとセノーテイキルにもいくのだけれど、
かなりの強行突破感はあります。

移動時間が結構長い。
(だからといって、何日かに分けてわざわざ行くのも
もったいない)

セノーテに入った後の
濡れた体で、エアコンの効いた車に乗るので
(もちろん温度調製はしてもらえるけど)
着替えを多めにプラス大き目のタオルがあるといいかもしれません。
車内でのおやつも大事。

さて、チェチェンイッツア。
ここは、年に2度、春分・秋分の日にククルカンがピラミッドへ
光臨することで有名な遺跡です。
(「暦のピラミッド」とも呼ばれる。北面の階段の最下段にククルカンの頭部の彫刻があり、春分の日秋分の日太陽が沈む時、ピラミッドは真西から照らされ階段の西側にククルカンの胴体(蛇が身をくねらせた姿)が現れ、ククルカンの降臨と呼ばれている。)

b0193757_13363461.jpg
曇っていたので写真的にはいまいちだけれど、
天気がいいと暑さで大変らしいので、観光するにはちょうどいい天気。

今回メキシコシティでもティオティワカンへピラミッドを観にいったので、
チェチェンはやめようか、、とも思ったのだけど、
いかなかった後悔はしないでおこうと、私たちにしては
結構がんばって行動したケース。

結果的に、本当に行ってよかった。
ピラミッドだけではなく、ほかにも見所がほんとうに沢山あって、
ティオティワカンが、どんぶり飯のような満足度だとしたら
こちらは、コース料理のような満足度。

エル・カラコル(かたつむり)の天文台。
b0193757_13375313.jpg
雨乞いや奉作を願うときにいけにえを投げ込んだセノーテ。
b0193757_13395739.jpg

b0193757_13492909.jpg

球戯場や、いけにえを並べたという台のレリーフも
大変面白い。

b0193757_13492684.jpg








[PR]
by takayampoo | 2017-12-11 13:51 | | Comments(0)

メキシコ4-1

やっと試験が終わった。
もう気持ち的には平成29年は終わったかんじ。

さて、メキシコ。
カンクン2日目。

ホテルはハイアットジラーラ。
https://www.booking.com/hotel/mx/the-royal-in-cancun.ja.html
本当は他にも泊まりたいホテルがあったのだけれど、
ありえないほど高かったので、こちらで手を打つ。

アダルトオンリーでのんびりしずかに過ごせそう。
・・・と思っていたら、アダルトが童心に帰って
プールで泡パーティーのイベント!だのビーチバレーだのでもりあがっており
日中は意外とにぎやかでした。

この日は、現地発着ツアーで
セノーテとチェチェンイッツァに行くことになっていたのだけれど、
前日からの雨が残っていて、果たして大丈夫なんだろうか。。。

ピックアップに来たガイドさんにきいてみたところ、
雲が動いているので、途中でやむかもしれないとのこと。

一縷の望みをのせて、車はまずグランセノーテへ。
http://mexicancun.com/cenote/index.html
少し雨は残っていたけれど、水の透明度はばっちり。
スキューバはしたことがあるんだけど、シュノーケルが生まれて初めてで
水が逆流してきそうですごく怖くて、最初はビビリながらも
慣れてくると時間いっぱいまでセノーテを満喫。

b0193757_14271701.jpg
水中カメラなんてもっていかなかったので、
雑に撮っただけの写真。

ここは、とにかく、蚊が多い。
引くぐらい。
セノーテに入る前には自然保護のため基本的には虫除けや
日焼け止めはNGのようだったので
自ら上がった後はひたすら体をうごかすのみ。





[PR]
by takayampoo | 2017-12-08 14:33 | | Comments(0)

メキシコ3-2

b0193757_14053880.jpg
雨が上がったのでホテルのビーチにおりてみる。
空どんよりで、波も荒い。
カリブの海賊船が現れるにはちょうどいいかも。

することもないので、ホテルへ戻る。
ここは、特別メニュウや、高いお酒でもない限り、
ホテル内の飲食はオールインクルーシブなので、
手始めにカフェに立ち寄ってアイスクリーム。
b0193757_14054237.jpg
本当に食べたいのか、は、微妙なところだけど、
だって、ただなんだもん。

この調子でいったら、太りそうだなあ。。。

b0193757_14055754.jpg
夕飯のころには、夕日も。
夕食はメキシコ料理のマリア・マリエにて。
スタッフとスペイン語で会話をする、オット。
陽気なスタッフに「彼女はスペイン語話せないの??なんてつまらないんだ!」
的なことをいわれたけれど、、、
第二外国語でスペイン語を選択したけれど、挫折したのですよ、私は!

b0193757_14060198.jpg
部屋に帰って、メキシコまで来て夏の甲子園大会の中継。
ありがとうNHK!






[PR]
by takayampoo | 2017-10-24 14:16 | | Comments(0)

メキシコ3-1

カンクンへの移動日。
前日の夕飯を食べたEl Penduloへ美しいであろう朝食を食べに出かけたけど
開店前につき近くのスタバにて簡単に済ませる。

タクシーにて空港へ。
ドライバーへのスマートなチップの渡し方とは、が
車内のメインテーマ。

空港へ到着。
スーツケースをトランクからおろしてもらい、
ドライバーへグラシアスと握手を求めつつ手の内にはチップ。
シミュレーションどおり事が進むも、
ドライバーとオットの距離が近すぎ、笑ってしまう。
おしい。

カンクンへはエアロメヒコで。
b0193757_11091654.jpg
チェックインと荷物を預ける場所が違っており、
カウンター間を行ったりきたり。

b0193757_11091820.jpg
眼下に広がるスラム街。

b0193757_11092156.jpg
オットとは離れた席で、オットはずっと寝ていたようだけど、
私は読書しながらお酒。
ワインをお願いしたら、ワインはないけど、テキーラならあるわ、とのことで
オレンジジュースで割って飲む。

脳内BGMはホリデイインアカプルコ。
この曲はわたしが初めて自分で買ったユーミンのアルバムALARM a la mode
に入っていた一曲。
今までは友達のお姉ちゃんに借りていたユーミンを
買うだなんて、それだけで少しオトナになった気分だった私に対し、
曲の主人公は傷心旅行にアカプルコだなんていう聞いたこともない場所へ
行くなんて、子供の(しかも田舎者の)私には
別次元のレベルのオトナだった。
http://www.kasi-time.com/item-19888.html
b0193757_11092881.jpg
到着したアカプルコ、否、カンクンは
都内では電車止まる勢いの暴風雨。
私のカリブ海はどこへいったのか・・・

翌日のセノーテは無事いけるのだろうか。


[PR]
by takayampoo | 2017-10-18 11:49 | | Comments(0)

メキシコ2-3

ホテルのあるポランコ地区は
いい感じのレストランがたくさんあったので、
どこにしようか散歩がてら夕飯を食べに行く。

ふらふらしていたら目に入ったのがここ。
b0193757_12334058.jpg
世界の美しい本屋さんランキングで取り上げられてた
とこや!!
無欲の勝利。

しかも、食事の出来るテラス席までも。

b0193757_12333576.jpg
既にこの旅一番のメキシコらしい、そして
美味しい食事でした。

b0193757_12333852.jpg
のんびり食事をとりすぎて、
メインの本屋さん部分は閉店時間になってしまって
全然見れずじまいでしたが。
b0193757_12333230.jpg
ポランコ地区にお泊りならば、迷わずここをお薦めします。

El Pendulo



[PR]
by takayampoo | 2017-10-03 12:45 | | Comments(0)

メキシコ2-1

メキシコ2日目

ティオティワカンへ。
公共交通機関で、、、とか考える脳みそもなかったので
一日ツアーに参加。
ホテルにピックアップに現れた車はセダンで、
まさかの参加者は我々のみ。

ティオティワカンだけへのツアーだと思い込んでいたら
ツアー内容をきちんと読んでいなかっただけで、
先ずはグアダルーペ寺院へ。

b0193757_14332103.jpg


代々木体育館みたい。
(どうも黒川氏がここをモデルにしたとかしないとか)

b0193757_14332301.jpg
少し近未来な感じ。

b0193757_14333166.jpg
いつかテレビで見たことのある
聖母マリアの姿がくっきり残るマントは
ここにあったのだった。



b0193757_14332855.jpg
旧グアダルーペ寺院は、
地盤沈下のために傾いており、
中に入ると三半規管がおかしくなって
倒れそうになる。

続いてメキシコシティのハイライト。
ティオティワカン。
ピラミッドなんて、ドラクエでしか行ったことなかった。
b0193757_14333601.jpg
月のピラミッド。
ここは以前滑落事故があったそうで途中(真ん中あたり)までしか上ることが
出来ないのだけれど、
途中まででも十分、太ももと筋肉がはがれるのでは!と思うほど。
日頃の運動不足たるや。

b0193757_14333902.jpg
月のピラミッドから眺める太陽のピラミッド。
月のピラミッドよりも巨大・・・
上れるのだろうか・・・

b0193757_14334174.jpg
後半、ほぼ四つんばいに成りながら
無事登頂。

ここではおみやげ物のジャガー笛、というものが
あちこちで鳴らされており、


最初笛だと知らなかった私は、実際にいた野良犬の
鳴き声だと思い、さすがの犬好きでも怖かったのでした。







[PR]
by takayampoo | 2017-09-22 12:53 | | Comments(0)

日々のこと


by takayampoo
プロフィールを見る
画像一覧