<   2015年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ハズレ無し!

バーニーズニューヨークで買うニットにハズレなし!
というわけで、この冬は2枚買ってみました。(ネットで)

1着目はフリーサイズの割にフィット感がありすぎて
下に着る物選んじゃうなー。というわけで75点。

b0193757_17134585.jpg2着目は、またか、、のドルマン。
こちらは色もシルエットも大満足、で100点←着倒す恐れ
色違いでほしいなあー。
気に入ったものはすぐ色違いで買いたくなる。

レペットのポインテッド、いいですねえ。
でも、確かにお高い。
セールを待ちます!
[PR]
by takayampoo | 2015-01-28 17:02 | memo | Comments(0)

はつもの

b0193757_14354165.jpg「レペット」・・・・

存在は知っていたけれど、
ヒールのないバレリーナシューズは
私の不細工な足には似合いそうもないし、
違う世界の人の履物、、と思っていた日々・・

なぜそんなに人気があるのかよくわかっていなかったけど、
しかし、、、ついに私は知ったのですヽ(*´ω`)ノ

なんという履き心地の良さ(白目)

バレリーナシューズ以外の展開を知らなかったのだけど
色々あったんのすね。

初レペットは One bar shoe Onora とLow boots Oye

100%デザインが好みか!といえば
すこーーし、違うのだけど、
この履き心地を知ってしまうと
何足も買い足してしまいたい衝動に。。。

ううう、もう何足か欲しいよう。

しかし、、、レペットのシューズボックス。。
素敵だけど、デカすぎる。。。
きちんと作られ過ぎてて捨てるのには忍びない・・・
あれってみなさん、どうしてるのかな。
[PR]
by takayampoo | 2015-01-26 14:35 | memo | Comments(0)

母よ・・・

b0193757_1030048.png
[PR]
by takayampoo | 2015-01-23 10:28 | memo | Comments(0)

ペリカン

b0193757_1414559.jpg週末asako が遊びに来ることをJさんに
チラッと言ったことすら忘れていたワタシ。

Jさんから一緒に食べてーとペリカンのパンの
おすそ分け。
こういうことできる大人に私はなりたい。
しかも、ペリカンって
ずっとasakoが所望してたパンだったという
ミラクル。
[PR]
by takayampoo | 2015-01-22 13:58 | memo | Comments(0)

紫式部ダイアリー

b0193757_16161046.jpg「パルコに愛されている女」な私は今回も2列目いただきました。
(でも志の輔落語は全く愛されてない。そもそも、毎年チケットの発売を忘れている)

「源氏物語」で一躍注目を集め、飛ぶ鳥を落とす勢いの若手作家・紫式部(長澤まさみ)と、
「枕草子」が大ベストセラーとなり、エッセイストとして確固たる地位を築いた清少納言(斎藤由貴)。
そんな二人がとある女流新人文学賞の選考会に審査員として呼ばれ、
選考対象作品に対する文学論から、いつしか作家としての、そして女としての、
人生を賭けたプライドのぶつかり合いとなっていきます。

芸能人って、実際会うとテレビより○○、、ってあるけれど
斎藤由貴は、まったくもってテレビのままのお方でした。
そして、長澤まさみ様は紫色のオーラを放っておりました。
(衣装が紫色だったからというのも一部あり)
カーテンコールで若干挙動不審な斎藤由貴に対し
挨拶後微動だにせず客席を見つめる長澤まさみ。
お二人の性格を垣間見る一瞬。
(決して斎藤由貴をディスっているわけではなく、そんな斎藤由貴が
私は好きだと加えておきます)

紫式部と清少納言の2人をそのまま現代の人としてホテルのバーで
お酒を交わしながらストーリーが進むというトリッキーな設定。

しかし、、女っていつの時代もかわらないのだなあと。
自分がどんなふうに評価されているかで悩んだり
さらに若い子が頭角を現し戦々恐々としたり。
働く女子の悩みや葛藤、恋愛する女子の妄想や腹黒さ(笑)
笑えるのは三谷作品だから、だけではなく、同じ女だから。

「私達の容姿は残らなくても、作品は千年後まで残っているかもしれない」
というセリフも印象的。
[PR]
by takayampoo | 2015-01-21 16:05 | memo | Comments(0)

軍鶏丸はおいしい

雨の中恵比寿。
セール品の残り物にあやかろうかと思ったけど
まったくあやかれず。

その足で軍鶏丸。
この前はいつお邪魔したか覚えていないほどだけど
おいしかったことだけは覚えている。

軍鶏丸コース。
手羽のから揚げがおいしすぎて
これいくらでもいけるー。
ボンジリだのササミだのを楽しんだ後は
お待ちかねのこれ。
やだ、なんかもう
この状態でもおいしそう。
おいしそうすぎてエロい。

b0193757_1055136.jpg
やっぱり、軍鶏丸はおいしいなあ。
〆にうどんを食べてお腹いっぱいなのだけど
おいしかったテンションで2軒目へ突入。
[PR]
by takayampoo | 2015-01-20 10:55 | memo | Comments(0)

日々のこと


by takayampoo
プロフィールを見る
画像一覧